限定契約証・特別引換証とは

限定契約証・特別引換証とは

限定契約証とは、リミテッドスカウトでガチャをすると貰える、オペレーター交換券みたいなものです。

1回ガチャするごとに、1枚の限定契約証が手に入ります。

特定の枚数を集めると、対象のオペレーターと契約できるようになります。

 

履歴書とフレーバーテキスト


Wの履歴書1枚=限定契約証300
 

Wのフレーバーテキスト彼女が笑い出した時はいつも良いことが無い。それに彼女はずっと笑っている。
サルカズの傭兵・W。戦場で最も危険なシグナル。

 


ウィーディの履歴書1枚=限定契約証300
 

ウィーディのフレーバーテキスト彼女の前では身だしなみや立ち振る舞いに気を付けて!
ロドス生物工学研究員・ウィーディ。研究の合間を縫って戦場に立つ。

 


エリジウムの履歴書1枚=限定契約証75
 

エリジウムのフレーバーテキスト旗は武器ではないが、壊したら多額の賠償金を支払わなければならない。
先鋒オペレーター・エリジウム。安心安全で安定した戦場通信を約束する。

 

三人の履歴書とフレーバーテキストは上記の通り。★6オペレーターと交換するのに、限定契約証300枚集めるのは大変ですが、確実に手に入るので、実質天井ありのガチャということになりますね。

 

限定契約証は特別引換証と交換可能


この限定契約証は、特別引換証と交換できます。交換レートは以下の通り。

限定契約証 x1 = 特別引換証 x6

ピックアップオペレーターを完凸した場合でも、無駄にはならないので良いシステムですね。
 

注意!リミテッドスカウトが終わると、強制的に特別引換証の方に変換されます。なので、交換し忘れた!ということにならないよう、気を付けましょう。

 

特別引換証とは

特別引換証とは、特別引換証交換所でアイテムと交換できる証になります。購買部の資格交換所で選べます。交換対象は以下の通り。





 

アイテム必要な特別引換証
上級熾合金75
融合ゲル65
RMA70-2480
上級砥石75
上級マンガン80
上級合成コール65
上級装置85
上級アケトン85
上級異鉄90
上級エステル80
上級糖原75
上級源岩60
熾合金40
人工ゲル50
RMA70-1260
砥石50
マンガン45
合成コール40
中級装置60
中級アケトン45
中級異鉄45
中級エステル35
中級糖原35
中級源岩30
初級装置40
初級アケトン30
初級異鉄30
初級エステル25
初級糖原25
初級源岩15
破損装置40
アケトン試剤30
異鉄の欠片30
エステル原料25
ブドウ糖25
源岩鉱15

※交換上限数はなく、は全て∞です。

既にいくつか交換してしまいましたが、加工するのに苦労する上級素材と交換できるので、とても有り難いシステムですね。まだ残っていますが、大切に使っていこうと思います。

 

動画:限定契約証でエリジウムと交換

限定契約証が75枚になったので、エリジウムくんと交換しました。今回のリミテッドスカウトですが、完凸は求めていなかったのと、比較的少ない回数で三人ともお迎えできたので、それほど貯めることができませんでした。

 

最後に


限定契約証75枚でエリジウムくんと交換したので、潜在レベルをひとつ上げることができました。リミテッドスカウトで三人。そして限定契約証で一人。合わせて潜在4。欲を言えば、あと二人欲しいですが今回はここまで。

今後のスタンダードスカウトでもお迎え出来るので、気長に待ちたいと思います。

関連記事

  1. 1周年記念公式生放送 最新情報まとめ

    アークナイツ1周年記念公式生放送 最新情報まとめ

  2. 公開求人 Q&Aコーナー

    公開求人Q&Aコーナー

  3. アークナイツ 1ST ANNIVERSARY

    アークナイツ 1ST ANNIVERSARY

  4. アークナイツ アンジェリーナ専用コーデ「要因たる訪問者」

    アークナイツ アンジェリーナ専用コーデ「要因たる訪問者」

  5. アークナイツのWちゃんをお迎えするまでガチャをまわしてみた

    アークナイツのWちゃんをお迎えするまでガチャをまわしてみた

  6. アークナイツ ミッドナイト専用コーデ「第七夜に覚醒めし魔王」

  7. アークナイツ ラップランド専用コーデ「典雅なる凶兆」

    アークナイツ ラップランド専用コーデ「典雅なる凶兆」

  8. 上級資格証で交換できるオペレーターの法則

    上級資格証で交換できるオペレーターの法則

  9. 上級資格証でスカウト券を交換するときに気を付けること

    上級資格証でスカウト券を交換するときに気を付けること

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近のコメント

Twitterでフォロー